工場概要

 弊社工場は平成11年12月に設立、プラスチックのリサイクル工場として操業がはじまり、当初おもなリサイクル事業として発泡スチロールの【インゴット】(原料)の製造と発泡スチロールを建設資材の材料とする【エコサンド】の製造を主な業務としておりました。翌年の平成12年5月に神奈川県より廃プラスチックの中間処理業の許可を取得し、新しく中間処理を行う施設(圧縮梱包機)を導入し、リサイクルの強化を図りました。
平成17年には発泡スチロールを元の原材料に戻すペレット製造機を導入して、廃プラスチックのリサイクルを更に増強しました。
綾瀬第一工場
綾瀬第一工場
綾瀬第一工場
工場名称
轄ョ野企業 綾瀬第一工場
設  立
平成11年12月
地  域
工業専用地域
敷地面積
約500坪
緑化面積
277.4u(敷地全体の16.0%)
工場内施設
■ 最終処理施設
・破砕溶融施設1 廃プラスチック(主にPS・PP・PE樹脂)のインゴット製造
・破砕溶融施設2 廃プラスチック(主にPS・PP・PE樹脂)の再生ペレット製造

■ 中間処理施設
圧縮梱包施設 産業廃棄物5品目の中間処理
・廃プラスチック類 : 20t/日(8時間)
・紙くず : 25t/日(8時間)
・木くず : 15t/日(8時間)
・繊維くず : 24t/日(8時間)
・金属くず : 18t/日(8時間)
・動物性残差(圧縮可能な固形状物に限る):24t/日(8時間)
・ガラスくず(圧縮可能なもに限る):22t/日(8時間)
ユンボ
フォークリフト
クランプリフト

 本工場は産業廃棄物である廃プラスチック類を主原料とするフラフ燃料の製造工場として平成22年3月に竣工し同年6月より本格稼働が始まりました。製造したフラフ燃料は需要先へ売却し、これにより弊社処理システムで廃棄物を最終処分まで完結できるようになりました。フラフ燃料は重油や石炭といった化石燃料の代替燃料として使用することでCO2排出量の削減にもつながります。

工場名『E3 Factory』に込められた意味は

 ・energize エネジャイズ(廃棄されたものに再びエネルギーとしての役割を与える)

 ・environment conscious エンバイロメント コンシャス (環境に配慮した製品をつくる)

 ・ecology エコロジー(環境を考える企業になる)

という3つの意味が込められています。

工場名称
轄ョ野企業 綾瀬二工場 『E3 Factory』
設  立
平成22年3月
地  域
工業専用地域
敷地面積
約210坪
緑化面積
177.44u(敷地全体の20.0%)
常駐作業員数
作業員 : 2名
工場内施設
■ 中間処理施設
破砕・圧縮梱包施設
・廃プラスチック類 : 4.5t/日(8時間)

圧縮梱包施設
・廃プラスチック類 : 16t/日(8時間)
綾瀬二工場/E3 Factory
綾瀬二工場/E3 Factory
綾瀬二工場/E3 Factory