国内クレジットとは何なのか?  ある企業が、エネルギー効率のいい省エネ設備を導入、ボイラーの更新、 太陽光の導入など設備投資を行うことによって、CO2排出量を削減します。 その削減した分を市場に流通できる形としたものを「国内クレジット」 といいます。
 努力の成果を国が認め、それを目に見える形にしたものともいえるでしょう。


どのような役目があるのか?  市場に流通したクレジットは、我々のようなプロバイダーなどを通じて 全国の企業・団体が購入することができます。
購入する目的としては、主に以下のようなものが挙げられます。

 1. 事業の中で排出するCO2量が多く、どうしても削減できない。
   → その分だけクレジットを購入し、削減できない分を「埋め合わせ」する。 オーソドックスな形です。

 2. 自分たちが行うイベントのCO2排出量を、クレジットで埋め合わせし、 イベントと同時に環境貢献も打ち出す。
  → よく新聞にリリースされるカーボンオフセットがこの形です。

 3. 自分たちの販売する商品にクレジットを付加し、購入した消費者の排出する CO2を埋め合わせする。
  → 消費者も巻き込むことで、広く環境価値を共有する。

 すでにご存じのとおり、このCO2排出量をクレジットによって埋め合わせる という一連の流れを、「カーボン・オフセット」といいます。
お金を払うだけで手軽に環境貢献を行える仕組みであると言え、この根幹を 担うのが国内クレジットです。

 無論、購入した企業だけではなくて、そのクレジットを創出した企業にも メリットはあり、創出した国内クレジットを売ることで、資金を得ることができる 点が挙げられます。 その資金で、CO2削減のための設備投資分を回収したり、より環境によくて 且つエネルギー効率のいい設備へ更新することに役立てたり、他の事業の運営 資金にしたりもできます。

 またそういった特性から、「排出削減努力を行っている企業を資金的に援助してい る」 ということを、購入者がアピールすることも可能です。 このように国内クレジットを通じて、日本全体でCO2排出量を減らしていく努力 をし、 同時に資金と環境価値を社会で循環させていく仕組みが、国内クレジットを中心とし て 構成されております。